エネス・カンター「ドレイモンド・グリーンは俺を蹴ったと思う」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンはリーグ屈指のディフェンダーとして知られ、2015-16シーズンのオール・ディフェンシブファーストチームに選出された。

だが、このプレイオフではグリーンの足技に注目が集まっている。

オクラホマシティ・サンダーとのシリーズでスティーブン・アダムスに2度蹴りを見舞ったグリーンだが、第4戦ではエネス・カンターの足に自身の足を絡ませてしまったようだ。

このシーンを振り返ったカンターは、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「彼に蹴られたように感じた。レフェリーが見てたか見てなかったかは分からない。俺も放っておいたしね。これについてあれこれ言いたくないけど、リプレイ映像を見てみると、明らかに彼が蹴ったのが分かるんじゃないかな」

このプレイについてペナルティは科されていないようだが、サンダーとのシリーズでグリーンが蹴りを見舞うのはこれで3度目。

サンダーに後れをとっていることにより、フラストレーションが溜まっているのだろうか?

日本時間27日に行われるシリーズ第5戦で敗れると、ウォリアーズの今季は終わってしまう。

グリーンには冷静かつ熱いプレイでウォリアーズを盛り上げ、足技ではなくゲームに集中してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA