ジョーダン・クラークソン ルーク・ウォルトン新HC雇用について「FAの決断に大きな影響」

【スポンサーリンク】

バイロン・スコットを解雇したロサンゼルス・レイカーズは、新ヘッドコーチとしてルーク・ウォルトンを雇用した。

現在はゴールデンステイト・ウォリアーズでアシスタントコーチとして働いているウォルトンは、レイカーズにアップテンポなゲームをもたらすだろう。

そして、ウォルトンの新ヘッドコーチ就任は、FA選手の去就にも影響を与えたのかもしれない。

間もなく制限付きFAになるジョーダン・クラークソンは、ウォルトンの新ヘッドコーチ就任と自身のFAについて次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「(ウォルトンの新HC就任は)本当にたくさんの影響があるよね。彼のスタイルは俺に合う。他の選手たちにもね。俺は間違いなくロサンゼルスとここ(レイカーズ)にいたい。面接の時にもそう伝えたし、チームを渡り歩くような男にはなりたくないんだ」

「ここロサンゼルスにいたい。ホームと呼べる場所だし。大きなことをここで成し遂げたい。この雇用で良い方向に向かうんじゃないかな」

ウォルトンのアップテンポなゲームにクラークソンのスタイルはフィットするに違いない。

また、若手選手が多いレイカーズにおいて、大きな成長の機会ともなるだろう。

なお、今季のクラークソンはレギュラーシーズン79試合に出場し、平均32.3分のプレイで15.5得点、4.0リバウンド、2.4アシスト、1.1スティール、FG成功率43.3%、3P成功率34.7%を記録。

キャリア2年では通算138試合に出場し、平均29.2分のプレイで14.0得点、3.7リバウンド、2.9アシスト、1.0スティール、FG成功率43.8%、3P成功率34.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA