ピストンズ アンドレ・ドラモンドにマックス契約をオファーか?

【スポンサーリンク】

昨年中に延長契約を結ばなかったデトロイト・ピストンズのアンドレ・ドラモンドは、間もなく制限付きFAになる。

若手が揃っているピストンズは2008-09シーズン以来となるプレイオフ進出を果たし、来季はさらなる躍進が期待されているが、これからもドラモンド中心としたチームを編成するようだ。

ピストンズのオーナーを務めるトム・ゴアーズはドラモンドとの契約について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「(マックス契約は)躊躇しない。リーグにいる他のビッグマンを見てごらんよ」

ドラモンドにはいくつかのチームからオファーが届く可能性があるが、ゴアーズの発言を聞く限り、ピストンズはいかなるオファーにもマッチするだろう。

一方で、ドラモンド側もマックス契約を希望していると噂される。

22歳の若さにしてリーグを代表するビッグマンとなったドラモンドだが、フリースローを苦手とするなど克服しなければならない課題も多い。

このオフにはハックルールの改正が議論されるものの、フリースローの精度は少しでも高めておきたいところだ。

なお、ドラモンドはピストンズについて次のように言及した。

「ここで4年という月日を過ごしたけど、今でももがいてるよ。若いチームだけど良いチームにはならないと思ってる人間もいるみたいだね。それが間違ってることを証明する」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA