タイロン・ルーHC デイビッド・ブラット解雇について「過剰な動きだった」

【スポンサーリンク】

昨季はファイナルに進出し、今季のオールスターブレイク前までに30勝11敗と決して悪くない成績を残していたクリーヴランド・キャバリアーズだったが、デイビッド・ブラットを解雇し、アシスタントコーチを務めていたタイロン・ルーを新ヘッドコーチに指名した。

ルーHC率いるキャブスは早くもファイナル進出を決め、念願のタイトル獲得へ向けて準備を進めている。

そのルーHCがデイビッド・グリフィンGMからヘッドコーチの要請があった当時、グリフィンGMに次のように訴えたという。cleveland.comが伝えている。

「30勝11敗だよ?(ブラットの解雇は)過剰な動きだ」

グリフィンGMと数分に渡ってブラット解雇について話し合ったというが、グリフィンGMから「すでに決定事項」と伝えられたルーHCは「このチームを率いる準備はできてる」と渋々ながら応じたという。

今ではキャブスの顔として定着したルーHCだが、当時は葛藤があったことだろう。

ルーHCが指揮を執って以降のキャブスは、レギュラーシーズン27勝14敗を記録。

勝率ではブラットHCに劣るものの、特にレブロン・ジェイムスからの信頼は厚い。

キャブスが今季のタイトルを獲得することができれば、ルーHCの評価も自ずと高くなることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA