レブロン・ジェイムス「タイロン・ルーを他チームに渡したくなかった」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズはレギュラーシーズン途中にデイビッド・ブラットを解雇し、アシスタントコーチを務めていたタイロン・ルーを後任ヘッドコーチに起用した。

ルー新HC率いるキャブスはプレイオフで快進撃を続け、すでにファイナル進出を決定。

チームを牽引するレブロン・ジェイムスは、ルーHCの手腕を高く評価しているようだ。ジェイムスのコメントをcleveland.comが伝えている。

「彼(ルーHC)に何ができるのか、俺には分かってた。コーチ・ルーと俺の間には長い歴史があるからね。その時が来れば、彼はいつだって準備ができてると俺は思ってたんだ。彼を他のチームに渡したくなかった。彼が次のヘッドコーチになることは分かってた。彼を他の誰かに渡したくなかった。彼は彼自身がどれだけ価値ある人間なのか示してる」

トロント・ラプターズ相手に2敗を喫したものの、ここまでは順調に進んでいると言えるだろう。

ファイナルで戦うのは昨年と同じくゴールデンステイト・ウォリアーズ。

ルーHCは多様な策を練っていることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA