アンダーソン・バレジャオ マシュー・デラベドバのダーティープレイについて「リーグに残るために必要」

【PR】

クリーヴランド・キャバリアーズのバックアップポイントガードを務めるマシュー・デラベドバは、昨季のプレイオフでダーティープレイを見せ、一躍時の人となった。

今季はそれほど取り上げられていなかったデラベドバのダーティープレイだが、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのファイナル第1戦でアンドレ・イグダーラに故意にファウルを仕掛けたところ、イグダーラが激高。

一触即発の状態となった。

特にダーティープレイのようには思えないが、イグダーラの下腹部にデラベドバの手が入ったようにも見える。

昨季の経緯があるだけに、再びデラベドバに注目が集まっているのだろう。

キャブスで共にプレイし、現在はウォリアーズの一員としてプレイしているアンダーソン・バレジャオは、デラベドバについて次のように評価。The Verticalが伝えている。

「リーグに残るため、デリーにはあんなプレイが必要なんだ。彼がダーティープレイヤーかと聞かれたら、俺はそうじゃないと思う」

「チームのためにあんなことをするのが必要なんだ。ハードに、タフにプレイする。クリーヴランドを助けるための彼なりの方法なのさ」

今年のファイナルは昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズが先制。

第2戦を落とすと相当厳しい状況に追い詰められるため、ファイナルを盛り上げる意味でもデラベドバをはじめとしたキャブスには奮起を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

関連コンテンツ

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読