パトリック・ビバリー マシュー・デラベドバのローブローについて「もし俺がやってたら・・・」

【PR】

ヒューストン・ロケッツのポイントガード、パトリック・ビバリーは、リーグトップクラスのハードディフェンダーとして知られている。

かつてはラッセル・ウェストブルックにハードファウルを仕掛け、怪我をさせてしまったこともあったが、今年のプレイオフ・ファーストラウンドではゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーと一触即発の状態となった。

だが、話題性で言えばクリーヴランド・キャバリアーズのマシュー・デラベドバが上だ。

デラベドバはウォリアーズとのファイナル第1戦でアンドレ・イグダーラにローブローを見舞い、これが大きな話題を呼んでいる。

ビバリーはデラベドバのこのプレイについて「もし俺があれをやってたら・・・」と意味深なコメントをアップ。

「もっと批判されていただろう」と言いたいのだろうか?

それとも「話題にもならないだろう」と言いたかったのだろうか?

なお、thescore.comによると、ビバリーの今季のテクニカルファウル数は9回。

一方のデラベドバは今季のレギュラーシーズンとプレイオフを通してテクニカルファウル0回だという。

だが、デラベドバは今季、フレイグラントファウルを3度コールされており、これは全ポイントガードトップとなる数字だ。

これらの数字を比較すると、ビバリーよりデラベドバのほうがダーティープレイヤーと言えるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読