クレイ・トンプソン「ウォリアーズはショータイム時代のレイカーズより優れてる」

【スポンサーリンク】

マイケル・ジョーダン時代のシカゴ・ブルズが達成したレギュラーシーズン72勝という記録を打ち破り、連覇を目指すゴールデンステイト・ウォリアーズ。

クリーヴランド・キャバリアーズとのファイナルを2勝0敗でリードし、その強さを見せつけているが、ステフィン・カリーと共にウォリアーズを牽引するクレイ・トンプソンは、今のチームに強い自信を持っているようだ。

thescore.comによると、トンプソンはファイナル第2戦を終えた後、冗談交じりに「俺らはショータイム時代のレイカーズより優れてる」と笑顔で話したという。

当時のロサンゼルス・レイカーズといえば、マジック・ジョンソンを中心としたアップテンポゲームでリーグを席巻し、タイトルを5度獲得。

タイトル数で比較するとレイカーズの足元にも及ばないが、ウォリアーズを牽引するカリーは28歳、トンプソンは26歳とまだまだ若く、未来がある。

ただ、ショータイム時代のレイカーズを抜くには5度以上のタイトルを獲得しなければならないだろう。

父であるマイカル・トンプソンが所属したショータイム・レイカーズを追い抜くことはできるのだろうか?

今年のファイナルはそのスタートとなるのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA