ドレイモンド・グリーン「俺らのチームがMVP」

【PR】

オクラホマシティ・サンダーとのカンファレンスファイナルでは精彩を欠いたゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンだが、クリーヴランド・キャバリアーズとのファイナルではチームを牽引するパフォーマンスを見せている。

ファイナル第2戦では28得点、7リバウンド、5アシストの活躍で勝利に貢献したグリーンは、ウォリアーズの層の厚みに自信を持っているようだ。グリーンのコメントをThe Verticalが伝えている。

「何かあるとするなら、この2試合は俺の層がすごく暑いことを示している。可能なら、お俺らのチームがMVPだね」

「みんな今のカイリー(・アービング)が後退してる、(ケビン・)ラブが後退してるって言うけど、そんなの誰が気にすると思うんだい?我々はあのチームが危険だってことを理解してる。彼らはイーストを勝ち上がってきたんだからね。俺らはチャレンジの準備ができてたんだ」

ファイナルを2勝0敗でリードしているウォリアーズは、次の2戦をキャブスのホームで戦う。

次戦ではキャブスも意地を見せてくるだろう。

第2戦は結果的にワンサイドゲームとなってしまったが、第3戦は激闘を期待したい。

【スポンサーリンク】

関連コンテンツ

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読