タイロン・ルーHC ケビン・ラブの先発起用について「話すつもりはない」

【スポンサーリンク】

昨季王者であるゴールデンステイト・ウォリアーズとのファイナル2試合を落としたクリーヴランド・キャバリアーズだったが、ホームゲームの第3戦は30点差で圧勝した。

この結果を受けて気になるのが、ケビン・ラブの先発起用だ。

ファイナル第2戦でハリソン・バーンズの肘を後頭部に喰らい、脳震盪を起こしたラブは、ファイナル第3戦を欠場。

第4戦で復帰できるか否かは未定だが、ラブ抜きの第3戦の結果を見れば、ラブをベンチ起用とする可能性も否定できない。

第3戦終了後、ラブの先発起用について質問されたタイロン・ルーHCは次のように返答。ESPNが伝えている。

「話さなきゃいけないの?話すつもりはないよ」

ルーHCは第3戦でベテランのリチャード・ジェファーソンを起用。

ラブの代わりに先発したジェファーソンは、約33分のプレイで9得点、8リバウンド、2アシストにとどまった。

だが、この日はレブロン・ジェイムスをパワーフォワードのポジションで起用したことから、ラブのベンチ起用の可能性は十分あると言えそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ラブが肘をくらったのはトリスタントンプソンではなくハリソンバーンズです。

*

CAPTCHA