ラッセル・ウェストブルック リオオリンピック不参加を表明

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックが、この夏に開催されるリオオリンピック不参加を決断した模様。

nbcsports.comによると、ウェストブルックは家族と話し合いを重ねた結果、オリンピック不参加を決断したという。

ジカ熱でリオオリンピック出場を懸念しているアスリートも多いが、ウェストブルックはジカ熱の影響かどうか明かしていない。

リオオリンピック不参加を決断したチームUSA候補のポイントガードは、これで4人目。

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー、ロサンゼルス・クリッパーズのクリス・ポール、ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールがすでに欠場意思を発表している。

これにより、カイリー・アービングとダミアン・リラードがポイントガード枠で選出される可能性が高まったと見て良いかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA