ゲイリー・ペイトン「ウォリアーズと1996年のブルズを比較したくない」

【PR】

2015-16シーズンのゴールデンステイト・ウォリアーズは、1996年にシカゴ・ブルズが記録したシーズン72勝を上回るという偉業を達成した。

現在のウォリアーズとマイケル・ジョーダンが率いた当時のブルズが比較される中、リーグ屈指のディフェンシブプレイヤーとして活躍したゲイリー・ペイトンは次のようにコメント。Sports Illustratedが伝えている。

「彼ら(ウォリアーズとブルズ)を私は比較しない。比較したくない。彼らは違うタイムのアニマルなんだ。当時のブルズはフィジカルなバスケットボールを展開してたし、我々はハンドチェックすることができた。時代が違うんだよ。それから20年後、ウォリアーズは73勝9敗を記録した」

「彼らを比較することなんかできない。今のゴールデンステイトがあの時代にいたなら、いろいろと問題が出るだろう。だって当時の我々はもっとフィジカルだったし、ハンドチェックできたから。我々の時代のチームが今のリーグでプレイすれば、ファウルトラブルに陥るだろう。同じようにいろんな問題がでるだろうね」

ペイトンのコメントがすべてなのかもしれない。

ルールは変わり、選手たちのプレイスタイルも変わった。

ウォリアーズは今後しばらくブルズと比較されることになるだろうが、どちらが優れたチームか判断することはできない。

唯一判断できるとすれば、それは数字のみということになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読