ラッセル・ウェストブルック サンダーについて「メンタル面でのタフさが必要」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズとのウェスタン・カンファレンスファイナルで、オクラホマシティ・サンダーは一時3勝1敗と昨季王者をリードした。

だが、その後に3連敗を喫し、ファイナル進出を果たすことはできなかった。

チームのエースであるラッセル・ウェストブルックとケビン・デュラントは、試合終盤の重要な場面でターンオーバーを犯してしまうなど、精彩を欠いた場面も見られたが、ウェストブルックはプレイオフを振り返り、サンダーの課題に言及した模様。The Oklahomanが伝えている。

「あんなタイプのシチュエーション、試合終盤のシチュエーション。息苦しくなった。正直に話すとね。悪いクセだ。シーズンを通して、同じようなことが何度かあった」

「メンタル面でのタフさが必要。チームは健康な状態になった。」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA