シャキール・オニール レイカーズ時代を振り返り「タイロン・ルーは何も言えなかった」

【スポンサーリンク】

シャキール・オニールとコービー・ブライアントがチームメイトとしてプレイした当時のロサンゼルス・レイカーズには、現クリーヴランド・キャバリアーズのタイロン・ルーもベンチプレイヤーとして所属していた。

だが、オニールにとって当時のルーは重要な選手ではなかったようだ。

当時を振り返ったオニールは、次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「先発5選手と重要なベンチ選手だけが俺に話しかけることを許可された」

「タイロン・ルーは何も言えなかったよ」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズとのファイナルでルーはアレン・アイバーソンにマッチアップするという大役を任された。

フィル・ジャクソンの期待に見事応えてみせたルーだったが、レギュラーシーズン中においては十分な出場機会を与えられなかった。

それゆえ、オニールに話しかけることができなかったのだろう。

とはいえ、オニールも冗談交じりに話しており、オニールなりのリップサービスなのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA