ジョーダン・クラークソン「ルーク・ウォルトンのためにプレイしたい」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのジョーダン・クラークソンは、間もなく制限付きFAになる。

レイカーズはいかなるオファーにもマッチすると予想されているが、サラリーが高騰する可能性も否定できない。

それでもレイカーズはクラークソンを残留させるために尽力するだろう。

そして、クラークソン本人もレイカーズ残留を希望しており、新しくヘッドコーチに就任するルーク・ウォルトンの下でのプレイを楽しみにしているようだ。クラークソンのコメントをlakersnation.comが伝えている。

「LAにいたい。FAになる自分を見たくないんだ。ここにいたい」

「彼(ウォルトン)のためにプレイしたい。ヘッドコーチになることが決まってから、彼とは何日か電話したんだ。オフェンスのシステム、彼が若い俺らに見てること、彼が見てる組織の方向、俺らのこれからのプレイスタイルについて話し合ったよ。彼がここに来て、俺らと一緒に働いてくれることに興奮してる」

クラークソンのサラリー高騰が気になるところだが、現時点ではレイカーズと再契約する可能性が高いと見て良いだろう。

なお、今季のクラークソンは79試合に出場し、平均32.3分のプレイで15.5得点、4.0リバウンド、2.4アシスト、1.1スティール、FG成功率43.3%、3P成功率34.7%を記録。

キャリア2年では通算138試合に出場し、平均29.2分のプレイで14.0得点、3.7リバウンド、2.9アシスト、1.0スティール、FG成功率43.8%、3P成功率33.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA