38歳のジェイソン・テリー「引退する気はまったくない」

【PR】

ヒューストン・ロケッツのベテランガード、ジェイソン・テリーは、まだまだ現役を引退する考えを持っていない。

オフにロケッツが再契約を提示するか否かは定かではないが、テリーを必要とするチームは少なくともあるだろう。

キャリア17年目を終えた38歳のテリーは、自身の去就について次のようにコメント。the Dallas Morning Newsが伝えている。

「引退する気はまったくない。戦う場を取り戻すチャンスを狙ってる。だけど、そのチャンスがないならロッカールームで若手に影響を与え、ベンチから質のある時間を提供するだろうね。俺の身体はすごく調子が良い。意識もシャープだよ」

「ダラス(・マーベリックス)でプレイするチャンスがあれば良いね。チャンスがなければオプションを調べる。俺のホームはここダラスなんだ」

そう話すテリーだが、マブスはベテラン選手が多く、テリー獲得に動くという噂も出ていない。

ロケッツではロールプレイヤーとして一定のパフォーマンスを見せたものの、再契約できるとは限らない。

来季のテリーはどのチームでプレイすることになるのだろうか?

なお、2015-16シーズンのテリーはレギュラーシーズン72試合に出場し、平均17.5分のプレイで5.9得点、1.1リバウンド、1.4アシスト、0.7スティール、FG成功率40.2%、3P成功率35.6%を記録。

キャリア17年では通算1285試合に出場し、平均31.0分のプレイで14.3得点、2.4リバウンド、4.1アシスト、1.2スティール、FG成功率44.4%、3P成功率37.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読