リチャード・ジェファーソン「俺らに失うものは何もない」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズはゴールデンステイト・ウォリアーズとのファイナルで一時は1勝3敗と追い詰めながらも、その後巻き返し、3勝3敗のタイに戻した。

これまで1勝3敗からタイスコアに戻したのはわずか2チームのみ。

1951年のニューヨーク・ニックスと1966年のロサンゼルス・レイカーズはファイナルで1勝3敗と追い詰められたものの、第5戦と第6戦を制し、シリーズをタイに戻した。

だが、両チームともタイトルを獲得できていない。

キャブスが優勝すれば史上初の快挙となる。

ファイナル第7戦はキャブスにとって歴史へのチャレンジともなるわけだが、ベテランのリチャード・ジェファーソンは覚悟を決めているようだ。ジェファーソンのコメントをthescore.comが伝えている。

「俺らに失うものは何もない。彼ら(ウォリアーズ)は73勝9敗を記録したチーム。すべてのプレッシャーは彼らにかかっているんだ」

相手はレギュラーシーズン73勝という金字塔を打ち立てたウォリアーズ。

2013年以降、ウォリアーズは3連敗を喫したことがないという。

それだけに、キャブスが優勝すれば、その喜びはさらに格別なものとなるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA