完全FAのジャマール・クロフォード「クリッパーズと再契約したい」

【スポンサーリンク】

2015-16シーズンのシックスマン・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したロサンゼルス・クリッパーズのジャマール・クロフォードは、間もなく完全FAになる。

36歳のクロフォードには以前からトレードの噂が出ているが、クロフォードはクリッパーズとの再契約を希望している模様。クロフォードのコメントをBasketball Insidersが伝えている。

「俺が望んでるのはクリッパーズと再契約すること。だけど理解はしてるよ。結局のところ俺はFAであり、すべてを見なくちゃいけない。俺と俺のエージェントに寄せられるすべてのオファーを検討しなくちゃいけない。そうしないと。それってFAになることの一部でもあるしね。ただ、さっきから言ってるように、俺が望んでるのはクリッパーズと再契約することさ」

プレイオフでポートランド・トレイルブレイザーズに敗れた後、クロフォードはドック・リバースHCと面談し、将来について話し合ったという。

「彼(リバースHC)は俺にこう言ったんだ。『我々は君に戻ってきてもらいたい。それは間違いなく我々のプランの一部』とね。面談は本当に良かった。俺と再契約したいってことを彼がはっきり示してくれたんだ」

一方で、クリッパーズのケミストリーは過小評価されているものの、これまでに壁を時間をかけて壊していかなければならないということも明かしている。

現時点でクロフォードがクリッパーズ以外のオファーを受け入れる可能性は低いと考えるべきだろう。

なお、2015-16シーズンのクロフォードはレギュラーシーズン79試合に出場し、平均26.9分のプレイで14.2得点、1.8リバウンド、2.3アシスト、FG成功率40.4%、3P成功率34.0%を記録。

プレイオフでは6試合に出場し、平均33.2分のプレイで17.3得点、2.2リバウンド、2.2アシスト、1.7スティール、FG成功率37.9%、3P成功率19.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA