レブロン・ジェイムス ゴッドファーザーを1週間で6回鑑賞

【PR】

クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは、冷静を保ちながら内に闘争心を秘めたパフォーマンスを続けるため、プレイオフ期間中に名作「ゴッドファーザーシリーズ」を繰り返し鑑賞している。

ゴールデンステイト・ウォリアーズとのプレイオフでは一時1勝3敗と追い詰められたキャブスだったが、第5戦と第6戦でジェイムスは連続40得点以上を記録。

ジェイムスの活躍もあり、キャブスはファイナルの戦績を3勝3敗の五分に戻した。

そのジェイムスは、ゴッドファーザーシリーズをここ1週間で6回も鑑賞したという。

驚異的なパフォーマンスにはゴッドファーザーが影響しているのだろうか?

なお「好きなゴッドファーザーシリーズは?」と質問されたジェイムスは「ひとつを選ぶことはできない」と返答している。

ジェイムスは第5戦で41得点、16リバウンド、7アシスト、3スティール、3ブロックショット、第6戦で41得点、8リバウンド、11アシスト、4スティール、3ブロックショットを記録し、勝利に貢献した。

2016年のNBAファイナル第7戦は、日本時間20日に行われる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読