リチャード・ジェファーソン 現役引退を発表

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのベテランフォワード、リチャード・ジェファーソンが現役引退を発表した模様。

ファイナル第7戦を制し、フランチャイズに初タイトルをもたらしたキャブス。

試合後のロッカールームでインタビューを受けたジェファーソンは、今季限りで現役を引退するとコメント。

これで15年の現役生活にピリオドを打つ。

キャリアで初めてのチャンピオンリングを獲得しただけに、有終の美を飾ったと言って良いだろう。

2001年のドラフト13位指名でリーグ入りしたジェファーソンは、キャリア15年を通してニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)、ミルウォーキー・バックス、サンアントニオ・スパーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ユタ・ジャズ、ダラス・マーベリックス、そしてキャブスでプレイ。

キャリアでは通算1082試合に出場し、平均30.1分のプレイで13.3得点、4.2リバウンド、2.1アシスト、FG成功率46.4%、3P成功率38.0%を記録。

2015-16シーズンは74試合に出場し、平均17.9分のプレイで5.5得点、1.7リバウンド、0.8アシスト、FG成功率45.8%、3P成功率38.2%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA