ウルブズ ケネス・ファリードのトレード獲得を計画か?

【スポンサーリンク】

新ヘッドコーチにトム・ティボドーを起用し、ドアマット脱却を狙うミネソタ・ティンバーウルブズが、デンバー・ナゲッツに所属するケネス・ファリードのトレード獲得を狙っている模様。

Sporting Newsによると、ティボドーはファリードのスタイルが大のお気に入りであり、チームのロスターに加えたい意向を示しているという。

ティボドーHCは前回のFIBAバスケットボール・ワールドカップでファリードと共に過ごしていた。

ファリードを獲得するため、ウルブズはドラフト指名権や複数の選手をトレード要員として用意すると見られている。

ファリードが牽引するナゲッツも昨季は苦しみ、ファリードにはシーズン中からトレードの噂が浮上していた。

ファリードを獲得できれば、カール・アンソニー・タウンズと共に強力なフロントコート誕生となりそうだ。

なお、昨季のファリードはレギュラーシーズン67試合に出場し、平均25.3分のプレイで12.5得点、8.7リバウンド、1.2アシスト、FG成功率55.8%、フリースロー成功率61.3%を記録。

キャリア5年では通算348試合に出場し、平均26.6分のプレイで12.3得点、8.7リバウンド、1.1アシスト、FG成功率54.4%、フリースロー成功率64.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA