レブロン・ジェイムス オプション破棄でFAへ

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズに所属するレブロン・ジェイムスの来季の契約はプレイヤーオプションとなっている。

そのジェイムスが、かねてから報道されているようにオプションを破棄し、FAになる決断を下した模様。

ESPNによると、ジェイムスのエージェントを務めるリッチ・ポールが、オプション破棄の決定を明らかにしたという。

一時はマイアミ・ヒート復帰説も流れたジェイムスだったが、念願のタイトルをクリーヴランドにもたらしたことにより、来季以降もキャブスでプレイするのは間違いないだろう。

あとは契約内容に注目が集まるところだ。

昨季のジェイムスはレギュラーシーズン76試合に出場し、平均35.6分のプレイで25.3得点、7.4リバウンド、6.8アシスト、1.4スティール、FG成功率52.0%、3P成功率30.9%を記録。

プレイオフでは21試合に出場し、平均39.1分のプレイで26.3得点、9.5リバウンド、7.6アシスト、2.3スティール、1.3ブロックショット、FG成功率52.5%、3P成功率34.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA