ニックス ケント・ベイズモア獲得に動く?

【PR】

ニューヨーク・ニックスは先日のトレードで元オールスターガードのデリック・ローズを獲得した。

このオフに積極的な動きを見せているニックスだが、シューティングガードのケント・ベイズモア獲得も狙っている模様。

the New York Postによると、ニックスはベイズモアのディフェンスを評価しており、ウィングポジションのアップグレードにつながると考えているという。

一方、アトランタ・ホークスもベイズモアとの再契約を検討しているものの、ケビン・デュラント獲得のためにサラリーキャップに空きを設けておかなければならない。

なお、ベイズモア側がニックス移籍の可能性があることを示唆しているようだ。

昨季のベイズモアはレギュラーシーズン75試合に出場し、平均27.8分のプレイで11.6得点(キャリアハイ)、5.1リバウンド(キャリアハイ)、2.3アシスト(キャリアハイ)、1.3スティール(キャリアハイ)、FG成功率44.1%(キャリアハイ)、3P成功率35.7%を記録。

プレイオフでは10試合に出場し、平均32.5分のプレイで11.9得点、6.6リバウンド、1.9アシスト、1.5スティール、FG成功率36.4%、3P成功率26.2%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読