キングス カロン・バトラーとデュエ・デュカンを解雇

【スポンサーリンク】

ベテランシューターのカロン・バトラーは先日、来季のプレイヤーオプションを行使し、キングス残留を表明した。

だが、来季はキングスのユニフォームを着てプレイすることはないようだ。

The Verticalによると、キングスはバトラーとフォワードのデュエ・デュカンを解雇したという。

バトラーはすでに36歳と大ベテランであるため、このまま現役を引退する可能性も否定できない。

一方で、古巣であるマイアミ・ヒートがバトラー獲得に興味を持っているとも噂されている。

昨季のバトラーはレギュラーシーズン17試合に出場し、平均10.4分のプレイで3.7得点、1.3リバウンド、0.6アシスト、0.5スティール、FG成功率42.4%、3P成功率16.7%を記録。

キャリア14年では通算881試合に出場し、平均32.2分のプレイで14.1得点、5.0リバウンド、2.3アシスト、1.3スティール、FG成功率43.4%、3P成功率34.8%を記録している。

一方、解雇されたデュエ・デュカンは昨季、キングスで1試合に出場し、24分のプレイで6得点、4リバウンド、1アシスト、1スティールを記録。

昨季の大部分をプレイしたDリーグのレノ・ビッグホーンズでは27試合に出場し、平均14.5得点、4.3リバウンド、1.2アシスト、FG成功率40.3%、3P成功率37.1%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA