ドレイモンド・グリーン 新加入のケビン・デュラントについて「プレイを変える必要はない」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダー残留が濃厚と予想されていたケビン・デュラントだったが、ゴールデンステイト・ウォリアーズ移籍を決断した。

この移籍は、レブロン・ジェイムスのクリーヴランド・キャバリアーズ復帰以来の大きな動きと言えるだろう。

ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーン、そしてデュラントと恐ろしいロスターに仕上がりつつあるウォリアーズだが、気になるのはケミストリーだ。

スコアリング能力が高いカリーとデュラントはうまく共存できるだろうか?

デュラントはウォリアーズのシステムに合わせるため、自身のプレイスタイル変更を余儀なくされるのだろうか?

マルチなパフォーマンスでウォリアーズを支えるグリーンは、プレイスタイルを変更する必要はないと考えている模様。グリーンのコメントをESPNが伝えている。

「俺たちは彼にこう伝えたんだ。『君のスタイルを変える必要はない』とね。プレイスタイルを変える必要はない。俺たちは彼にショットを打たせるだろう」

デュラントとの契約に伴い、ウォリアーズはハリソン・バーンズとアンドリュー・ボガットを放出する見込み。

すでにバーンズはダラス・マーベリックスとの契約に合意し、ボガットはトレードでマブスに移籍する予定だ。

スクリーンを多用し、ワイドオープンの状態を作り出すウォリアーズのシステムにおいて、デュラントの1on1の能力は大きな武器となるかもしれない。

とはいえ、形だけのスーパースター集団になってしまう恐れもある。

とはいえ、デュラントがウォリアーズのシステムにうまくフィットすれば、他チームにとって脅威となるのは間違いないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA