ベテランのカルロス・ブーザー「またプレイしたい」

【スポンサーリンク】

2度のオールスターゲーム出場を誇るベテランパワーフォワードのカルロス・ブーザーは、ロサンゼルス・レイカーズでの2014-15シーズンを最後にリーグから遠ざかっている。

昨年夏には海外移籍も噂されていたブーザーだったが、リーグ復帰を諦めきれず、アメリカ国内でトレーニングを続けていた模様。

そのブーザーがレイカーズ当時と自身の去就について言及。the Verticalが伝えている。

「レイカーズでのシーズンはタフな一年だった。コービー(・ブライアント)は怪我したし、スティーブ・ナッシュも出て行ったからね。それに、俺らは勝利を学んでる途中の若いチームだった。結局、次の年は子供や家族と過ごすことになったよ。今の俺の身体は調子が良い。すごく良いんだ」

「一年を通してハードにワークアウトしてる。試合に出られなくなって寂しいよ。またプレイしたいね」

果たしてブーザーにオファーを出すチームは現れるだろうか?

なお、レイカーズでプレイした2014-15シーズン、ブーザーは71試合に出場し、平均23.8分のプレイで11.8得点、6.8リバウンド、1.3アシスト、FG成功率49.9%、フリースロー成功率62.7%を記録。

キャリア13年では通算861試合に出場し、平均31.2分のプレイで16.2得点、9.5リバウンド、2.2アシスト、FG成功率52.1%、フリースロー成功率72.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA