ステフィン・カリー 現役引退のティム・ダンカンを祝福

【スポンサーリンク】

キャリア19年をサンアントニオ・スパーズ一筋でプレイしたティム・ダンカンが、現役引退を決断した。

ロサンゼルス・レイカーズ一筋でプレイしたコービー・ブライアントも昨季限り現役を退いたということもあり、ダンカンの引退はひとつの時代の終焉とも言えるかもしれない。

昨季のレギュラーシーズンMVPプレイヤーであるステフィン・カリーは、ダンカンの引退を惜しみつつも祝福したようだ。

カリーはダンカンの引退に際し、次のようなコメントをTwitterにアップした。

「ひとつの時代の終わり。ゲームのためにしてくれたすべてに感謝してる。勝者、君は君のやり方を貫いた。おめでとう、ティム!」

偉大な先輩の背中を見つめてきたカリーは、これからの時代を支えていくスーパースターだ。

ブライアントやダンカンが去ったリーグは人気低下が危惧されるも、カリーにはリーグの人気をさらに高める息の長い貢献を期待したいところだ。

ダンカンの現役引退は非常に惜しまれるものの、これからも何らかの形でバスケットボールに関わっていくことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA