マイク・スコット 麻薬使用の容疑で無罪を主張か?

【スポンサーリンク】

アトランタ・ホークスのマイク・スコットは昨年、マリファナとMDMAを所持していたとし、逮捕された。

the Atlanta Journal-Constitutionによると、そのスコットが自身にかけられている麻薬使用の容疑を否認し、無罪を主張したという。

マリファナとMDMの所持が発覚しているスコットだが、有罪判決が下った場合、最高で25年の懲役刑が科せられる可能性がある。

つまり、スコットにとってはプロ選手としてのキャリアをかけた裁判となるだろう。

なお、昨季のスコットはレギュラーシーズン75試合に出場し、平均15.3分のプレイで6.2得点、2.7リバウンド、1.0アシスト、FG成功率46.8%、3P成功率39.2%を記録。

キャリア4年では通算263試合に出場し、平均15.7分のプレイで7.4得点、3.0リバウンド、0.9アシスト、FG成功率46.6%、3P成功率34.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA