サンダー ラッセル・ウェストブルックをセルティックスへトレード?

【PR】

オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックはチームと延長契約を交わさず、来年夏に完全FAになる見込みだ。

つまり、ウェストブルックが他チームとの契約を求める場合、サンダーは見返りなしでオールスタープレイヤーを放出しなければならない。

そこで浮上したのが、シーズンの噂だ。

Bleacher Reportによると、サンダーのサム・プレスティGMはウェストブルックがサンダーに残留しないようであれば、他チームへのトレード放出を真剣に検討するという。

現時点でボストン・セルティックスがトレード相手の最有力候補とも噂されているが、セルティックス側の条件も大きなポイントとなるだろう。

ひとまずはケビン・デュラントが去り、完全にウェストブルック中心になると見られるサンダーのパフォーマンスに注目したいところだ。

なお、昨季のウェストブルックはレギュラーシーズン80試合に出場し、平均34.4分のプレイで23.5得点、7.8リバウンド(キャリアハイ)、10.4アシスト(キャリアハイ)、2.0スティール、FG成功率45.4%、3P成功率29.6%を記録。

キャリア8年では通算587試合に出場し、平均34.0分のプレイで21.5得点、5.6リバウンド、7.6アシスト、1.7スティール、FG成功率43.5%、3P成功率30.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読