レイカーズ ニック・ヤングをトレードor解雇か?

【スポンサーリンク】

今から約3年前、シューティングガードのニック・ヤングは憧れのロサンゼルス・レイカーズ入団を果たした。

だが、来季はレイカーズ以外のチームのユニフォームを着てプレイすることになるかもしれない。

Los Angeles Timesによると、レイカーズはトレーニングキャンプ開始前までにヤングをトレードで放出、もしくは解雇を検討しているという。

昨季はキャリアワーストの一年を過ごしたヤングだったが、プライベートではディアンジェロ・ラッセルに盗撮され、その動画がネット上に流出。

また、元恋人を妊娠させるなどしたことが発覚し、イギー・アゼリアとの婚約も解消した。

ラッセルはヤングにすでに謝罪したとしているものの、しこりは残ることだろう。

仮にレイカーズに残留したとしても、若手中心のチームに生まれ変わったレイカーズにおいて、これまでのように出場機会は得られないかもしれない。

なお、昨季のヤングは54試合に出場し、平均19.1分のプレイで7.3得点(キャリアワースト)、1.8リバウンド、0.6アシスト(キャリアワーストタイ)、FG成功率33.9%(キャリアワースト)、3P成功率32.5%(キャリアワースト)を記録。

キャリア9年では通算576試合に出場し、平均23.3分のプレイで11.8得点、2.0リバウンド、1.0アシスト、FG成功率41.8%、3P成功率37.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA