FAのJR・スミス「犠牲がなければチャンピオンはなかった」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのタイトル獲得に貢献したJR・スミスは、来季の契約のプレイヤーオプションを破棄し、FAになる決断を下した。

だが、FA交渉開始から間もなく3週間が経とうとしている現時点においても、スミスはキャブスと再契約できていない。

レブロン・ジェイムスはキャブスに再契約の意向を伝えたというが、スミスのFA交渉はなかなか前へ進まないようだ。スミスのコメントをESPNが伝えている。

「この状況を考えてる。他の道も考えてる。(キャブスに)戻ってきてまた勝つことも考えてるんだ」

「双方(スミス側とキャブス)の判断は空中にある状態。ちょっとナーバスになってる」

「もし俺が犠牲にならなければ、今チャンピオンになってなかっただろうね。双方が犠牲にならないと」

キャブスに残留するには、スミスはサラリーを犠牲にしなければならないだろう。

一方で、サラリーを狙うのであれば他チームとの契約という道もある。

果たしてスミス、そしてキャブスはどのような決断を下すのだろうか?

なお、昨季のスミスはレギュラーシーズン77試合に出場し、平均30.7分のプレイで12.4得点、2.8リバウンド、1.7アシスト、1.1スティール、FG成功率41.5%、3P成功率40.0%を記録。

プレイオフでは21試合に出場し、平均34.8分のプレイで11.5得点、3.2リバウンド、1.4アシスト、1.2スティール、FG成功率43.6%、3P成功率43.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA