レブロン・ジェイムス キャブスの再契約に意向を伝える

【スポンサーリンク】

プレイヤーオプションを破棄し、FAとなっているレブロン・ジェイムスは、いまだ再契約を結んでいない。

クリーヴランド・キャバリアーズに対して再契約の意向をいまだ伝えていなかったジェイムスだったが、ようやく動き始めた模様。

ESPNによると、ジェイムスはキャブスに再契約の意向を伝えたという。

昨季は歴史的逆転勝利でタイトルを獲得したキャブスだったが、その原動力となったのは間違いなくジェイムスだ。

チャンピオンパレード後に「キャブスと再契約する」と明言していたため、来季もキャブスでプレイする可能性大と予想されていたが、マイアミ・ヒートからキャブスに復帰した当時と状況が似ていただけに、シーズン中は他チーム移籍の噂も浮上していた。

なお、来年夏にさらなるサラリーアップを狙うため、ジェイムスは2年契約(2年目はプレイヤーオプション)にサインすると予想されている。

昨季のジェイムスはレギュラーシーズン76試合に出場し、平均35.6分のプレイで25.3得点、7.4リバウンド、6.8アシスト、1.4スティール、FG成功率52.0%、3P成功率30.9%を記録。

プレイオフでは21試合に出場し、平均39.1分のプレイで26.3得点、9.5リバウンド、7.6アシスト、2.3スティール、1.3ブロックショット、FG成功率52.5%、3P成功率34.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA