デマーカス・カズンズ キングスのドラフト戦略について「分からない」

【スポンサーリンク】

サクラメント・キングスはドラフト当日のトレードでセンターのゲオグギオス・パパギアニスとの交渉権を獲得した。

昨季のドラフトでもセンターのウィリー・コーリー・スタインを指名したキングスだが、チームにはすでにデマーカス・カズンズとコスタス・クーフォスというセンターがいる。

にも関わらず2年連続でセンターポジションのプレイヤーを獲得するという戦略を、カズンズは理解できないようだ。カズンズのコメントをthescore.comが伝えている。

「(ドラフトは)俺にはコントロールできないこと。俺がコントロールできることだけコントロールする。だけど分からないね。俺の仕事をこなすことにするよ」

「話してるように、何が起きてるのか俺は本当に分からないんだ。俺にコントロールできることをコントロールするだけさ」

来季でキャリア7年目を迎えるオールスターセンターのカズンズは、いまだプレイオフの経験はない。

ビッグマンを補強したことにより、カズンズには再びトレードの噂が出るかもしれない。

少なくとも来季はキングスでプレイするだろうが、トレードの噂を絶やすためにもチームとして結果を残したいところだ。

なお、昨季のカズンズはレギュラーシーズン65試合に出場し、平均34.6分のプレイで26.9得点(キャリアハイ)、11.5リバウンド、3.3アシスト、1.6スティール(キャリアハイ)、1.4ブロックショット、FG成功率45.1%、3P成功率33.3%(キャリアハイ)を記録。

キャリア7年では通算415試合に出場し、平均31.6分のプレイで20.2得点、10.8リバウンド、2.7アシスト、1.4スティール、1.2ブロックショット、FG成功率46.0%、3P成功率29.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA