コーチK「コービー・ブライアントは今でもプログラムの一部」

【スポンサーリンク】

昨季を最後に現役を引退したコービー・ブライアントは、シーズン中にリオオリンピックに出場しないことを明らかにした。

つまり、ブライアントが本気の実戦の場で戦うことはもうない。

だが、チームUSAのコーチKことマイク・シャシェスフキーHCはブライアントのリオオリンピック出場を希望しているようだ。シャシェスフキーHCのコメントをESPNが伝えている。

「彼(ブライアント)は今でも我々のプログラムの一部なんだ」

「彼にはこう言われたよ。『ありがとう、でもノーだ』とね。一度プレイを止めると難しいよね」

ロサンゼルス・レイカーズでの現役最終戦で、ブライアントは60得点をあげる信じられないようなパフォーマンスを見せた。

それゆえに、シャシェスフキーHCもリオオリンピックでの活躍を期待していたのだろう。

ステフィン・カリーやレブロン・ジェイムスら多くのスタープレイヤーがリオオリンピック出場辞退を表明する中、チームUSAのロスターに選出されたプレイヤーには世界最高峰のゲームを見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA