ダマー・デローザン「トロントに遺産を残したい」

【スポンサーリンク】

オールスターシューティングガードのダマー・デローザンはプレイヤーオプションを破棄し、FAになった。

他チームと契約することもできたデローザンだが、どのチームとも交渉することなくトロント・ラプターズと再契約。

かねてからラプターズ愛を口にしていただけに、ラプターズとの再契約は予想されていた。

ホームチームであるロサンゼルス・レイカーズ移籍の噂も出たものの、デローザンはラプターズ以外のチームを見ていなかったのだろう。

ラプターズとの再契約当時を振り返り、デローザンは次のようにコメント。the Los Angeles Daily Newsが伝えている。

「ホームに行く機会があるとすれば、間違いなく頭をよぎるよね。でも、俺には何でもなかった。キャリアを終えたら間違いなくロサンゼルスで生活するだろう。だけど、トロントで何か特別なことを成し遂げたいし、遺産を残して去りたいんだ」

プレイオフでは怪我の影響もあり、なかなか調子が上がらなかったデローザンだったが、相棒のカイル・ラウリーと共にラプターズをフランチャイズ史上初となるカンファレンスファイナルに牽引。

デローザンは来季もチームを牽引し、プレイオフへと導くだろう。

とはいえ、永遠に残る遺産を残したいのであれば、チャンピオンリングは必須だ。

ゴールデンステイト・ウォリアーズやニューヨーク・ニックスなど“スーパーチーム”に注目が集まる中、デローザンには遺産を残すべくさらなる奮起を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA