ジェイムス・ハーデン 自身のディフェンスについて「誰でもミスを犯す」

【PR】

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンはリーグトップクラスのオフェンス力を誇る一方、ディフェンスについては問題視されることが多い。

ハーデンのディフェンスをフィーチャーした動画も多く出回っているが、ハーデン本人は自身のディフェンスを特に気にしていないようだ。ハーデンのコメントをthescore.comが伝えている。

「誰でもミスを犯すものさ。俺のプレイはリーグトップの選手たちと比べても同じくらい。だから気にしてないよ」

「全82試合プレイする。リーグトップの出場時間。オフェンスはすべてをこなさないといけない。本当に難しいよ。このリーグにおいて、俺以上に重荷を背負ってる選手は他にいないじゃないかな」

「みんなが『ロケッツのディフェンスは良くない』と言うよね。今の俺らにはリーグ最高のディフェンシブコーチにひとりがいる。あとは準備さ。このリーグにおいて、すべては準備。成功するポジションに選手たちをもっていく。そうすれば良いことが起こる」

ロケッツはメンフィス・グリズリーズでディフェンシブコーチを務めたジェフ・バズデリックを獲得した。

ヘッドコーチにはマイク・ダントーニが就任し、まさに新たな布陣で来季を戦うことになる。

その中でハーデンは改善されたディフェンスを見せることができるだろうか?

ライアン・アンダーソンとエリック・ゴードンというスコアリングオプションも加わったため、ディフェンスにも力を注いでもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読