ケビン・デュラント チームメイトにサンダーとの再契約希望を伝えていた?

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーを離れ、ゴールデンステイト・ウォリアーズと契約したことに、長年相棒としてプレイしてきたラッセル・ウェストブルックは怒りを感じていると噂されている。

デュラントはウェストブルックに電話連絡することもなく、サンダーを去ったとされているが、デュラントはウェストブルックをはじめとするチームメイトたちにサンダーとの再契約希望を伝えていた模様。

ESPNによると、デュラントとウェストブルック、ニック・コリソンは夕食を共にし、その際に「サンダーと再契約する」と伝えていたという。

また、オクラホマシティに家を買う予定もあり、チームメイトたちはデュラントのサンダー残留を確信していたようだ。

だが、それから1週間後、デュラントはウォリアーズ移籍を決断した。

1週間の間に心境に変化があったのだろう。

とはいえ、連絡をもらえず、結果的に嘘をつかれたことになったウェストブルックは、もしこれが真実であれば相当な怒りを感じているに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA