ディオン・ウェイターズ ヒートとの契約について「金のためじゃない」

【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートに移籍したディオン・ウェイターズは、オクラホマシティ・サンダー残留なら来季は680万ドルを得る予定だった。

だが、ヒートとの契約は2年593万ドル。

減給を受け入れ、ヒートと契約したウェイターズだが、ヒート移籍の理由は金のためだけではないようだ。

ウェイターズはヒート移籍の理由を次のように説明。thescore.comが伝えている。

「金のためじゃない。コートに出るため、ボールを持つチャンスを得るため、楽しむためなんだ」

「(ヒート移籍は)俺と俺の家族にとってベストだと感じた。結局のところ、悲劇よりハッピーを好むってことさ。つまり、まだハッピーじゃない。ヒートネーション、ハッピーになろうぜ」

エースのドウェイン・ウェイドがシカゴ・ブルズへ移籍したことにより、ウェイターズには先発出場のチャンスがある。

クリーヴランド・キャバリアーズとサンダーでくすぶり続けた24歳のウェイターズは、ヒートで開花できるだろうか?

なお、昨季のウェイターズはサンダーでレギュラーシーズン78試合に出場し、平均27.6分のプレイで9.8得点、2.6リバウンド、2.0アシスト、1.0スティール、FG成功率39.9%、3P成功率35.8%を記録。

キャリア4年で通算289試合に出場し、平均28.3分のプレイで12.8得点、2.6リバウンド、2.5アシスト、1.0スティール、FG成功率41.1%、3P成功率33.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA