ジャベール・マクギー ウォリアーズとトレーニングキャンプ契約

【スポンサーリンク】

センターのジャベール・マクギーは今月、ダラス・マーベリックスを解雇された。

FAになったマクギーには複数のチームが興味を示していると噂されたが、その1チームがゴールデンステイト・ウォリアーズのようだ。

ESPNによると、マクギーはウォリアーズとトレーニングキャンプ契約を結んだという。

ウォリアーズはこのオフ、先発センターのアンドリュー・ボガットをトレードで放出。

ケビン・デュラント獲得のためにフェスタス・エジリも放出し、ビッグマン不足が懸念されていた。

マクギーは開幕ロスター入りをかけ、トレーニングキャンプに参加することになる。

かつてはリーグトップディフェンダーとして活躍していたマクギーだが、怪我が相次いだことにより、十分なパフォーマンスを発揮できていない。

とはいえ、かつてのパフォーマンスを取り戻すことができれば、大きなディフェンスオプションとなるだろう。

なお、昨季のマクギーはマブスでレギュラーシーズン34試合に出場し、平均10.9分のプレイで5.1得点、3.9リバウンド、0.1アシスト、0.8ブロックショット、FG成功率57.5%、フリースロー成功率50.0%を記録。

キャリア8年を通してワシントン・ウィザーズ、デンバー・ナゲッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、マブスで通算416試合に出場し、平均19.2分のプレイで8.2得点、5.4リバウンド、0.3アシスト、1.7ブロックショット、FG成功率54.2%、フリースロー成功率58.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA