カルロス・ブーザー 中国リーグのチームと契約

【スポンサーリンク】

NBA復帰を狙っていたFAパワーフォワードのカルロス・ブーザーだが、少なくとも来季終盤までリーグ復帰はないかもしれない。

ESPNによると、ブーザーは中国リーグの広東サザンタイガースと契約したという。

サザンタイガースは、デンバー・ナゲッツでプレイしているエマニュエル・ムディエも所属したことがある古豪チームだ。

ブーザーはこの夏、マイアミでトレーニングに励んでいたが、NBAのチームからオファーを受け取ることができなかった。

とはいえ、中国リーグのシーズンはNBAより早く終了するため、2016-17シーズン終盤にNBAにフックする可能性も十分ある。

そのためには、中国リーグで一定以上のパフォーマンスを見せ、NBAでも問題なくプレイできることを証明しなければならないだろう。

ブーザーは2002年のドラフト全体34位指名でクリーヴランド・キャバリアーズに入団。

キャリア13年を通してキャブス、ユタ・ジャズ、シカゴ・ブルズ、ロサンゼルス・レイカーズで通算861試合に出場し、平均31.2分のプレイで16.2得点、9.5リバウンド、2.2アシスト、0.9スティール、FG成功率52.1%、フリースロー成功率72.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA