クレイ・トンプソン ケビン・デュラントのウォリアーズ契約合意時は「寝てた」

【スポンサーリンク】

今年のFA市場における最大のサプライズといえば、やはりケビン・デュラントのゴールデンステイト・ウォリアーズ移籍だろう。

オクラホマシティ・サンダー残留が濃厚と予想されていた中、デュラントはステフィン・カリーやクレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンというオールスタートリオ擁するウォリアーズ移籍を決断。

まさに“ファンタスティック4”と言えるチームとなったウォリアーズだが、デュラントがウォリアーズと契約合意に至った当時、トンプソンはベッドで寝ていたようだ。トンプソンのコメントをThe Verticalが伝えている。

「あの時は寝てたよ。弟が俺を起こして、KDの決断を教えてくれたんだ。最初は信じられなかったよね。電話で確認しなきゃいけなかった。『本当に?KDは本当に俺たちを選んだの?』とね。俺たちの組織にとって素晴らしい瞬間だった。俺たちのチームは最終形態になった。それからまた寝たんだ」

「俺たち全員が互いにうまくプレイしたいと思ってる。だけど、俺は犠牲になるつもりはないよ。俺のゲームは変わらないし、これからもショットを打って、決め続ける。スクリーンも利用する。俺は勝ちたいし、すべてのゲームを楽しみたいのさ」

デュラントが加わったことにより、トンプソンのショットチャンスは減少してしまうだろう。

とはいえ、トンプソンはリーグトップクラスのシューターであり、カリーとデュラントに次ぐスコアリングオプションであることには違いない。

ショットチャンスが減ると予想される中、トンプソンはショットタッチを維持することができるだろうか。

間もなく開幕するリオオリンピックでは、トンプソンとデュラントのケミストリーにも注目が集まりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA