トレイシー・マグレディ ケビン・デュラントのウォリアーズ移籍に「失望した」

【スポンサーリンク】

このオフで最大の注目FA選手だったケビン・デュラントは、オクラホマシティ・サンダー残留という大方の予想に反し、ゴールデンステイト・ウォリアーズ移籍を決断した。

今年のFA市場において最も大きなサプライズとなったデュラントのウォリアーズ移籍には賛否両論ある。

かつてスコアラーとして活躍したトレイシー・マグレディは、ウォリアーズ移籍に失望している模様。マグレディのコメントをComplex Sportsが伝えている。

「ゴールデンステイトへの移籍には失望した。(サンダーを)出て行ったことに失望してるんじゃない。彼はFAだったし、望むところならどこにでも行けたからね。だけど、戦う者として考えると、俺なら同じチームで彼ら(ウォリアーズ)を破るほうを選ぶ」

「トップ5ポイントガードのラッセル・ウェストブルックがいた。OKCはチャンピオンシップを狙えるチームだったと思うよ。彼らはそれを示してみせた。だけど、ウェスタン・カンファレンスファイナルでゴールデンステイトに敗れ、大きな虚脱感を感じてしまった。だけど、彼がゴールデンステイトを選んだことには本当にがっかりだ。OKCに残留してもらいたかった」

マグレディが全盛期だった頃、スーパースターと称されるほとんどの選手たちは互いのチームを下すことを目標のひとつにしていたという。

デュラントを加えたウォリアーズは、再び王者の座を取り戻すことができるだろうか。

どのような結果になったとしても、来季終了後もさまざまな議論が繰り広げられることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA