ジョーダン・クラークソン「コービー・ブライアントのような労働観を取り入れる」

【PR】

ガードのジョーダン・クラークソンは、これからのロサンゼルス・レイカーズを支えていくであろう若手有望株のひとりだ。

キャリア2年を通して成長を続けているクラークソンだが、昨季限りで現役を退いたコービー・ブライアントとプレイしたのはわずか2年だったものの、多くをブライアントから学んだようだ。クラークソンのコメントをHypebeastが伝えている。

「彼(ブライアント)は俺らに切磋琢磨し、共に成長するようアドバイスをくれたんだ。このFAプロセスを通し、それが頭から離れなかった」

「チームの若い選手たちの成功を助けるため、俺はアドバイスをみんなと共有する。それと同時に、コービーの素晴らしい労働観を取り入れるんだ」

「もっとアップテンポなゲームになると思うし、俺らは自由なシステムの下でプレイすると思う。そのためにできることを準備してるとこさ」

「前に進むため、新しいシーズンに本当に興奮してる。俺たちには若いタレントがたくさんいるけど、疑問や批判の声も多い。開幕の準備をするだけ。そしたら黙らせることができるし、チームとして成長できるからね」

ゴールデンステイト・ウォリアーズでアシスタントコーチを務めていたルーク・ウォルトンが新ヘッドコーチに就任したことにより、来季のレイカーズはよりアップテンポなゲームを展開すると見られている。

ディアンジェロ・ラッセル、ジュリアス・ランドル、ラリー・ナンスjr、ブランドン・イングラム、そしてクラークソンという若きタレントを揃えるレイカーズは、古豪復活を果たすことができるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読