ディアンドレ・ジョーダン「あるヤツらと友達になるとは思ってなかった」

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズにとって、ゴールデンステイト・ウォリアーズとオクラホマシティ・サンダーはライバルチームのひとつだ。

打倒ウォリアーズ、打倒サンダーなくしてタイトル獲得はならず、クリッパーズと両チームの対戦が荒れることはしばしばある。

それゆえに、ディアンドレ・ジョーダンはウォリアーズやサンダーの選手と友達になれるとは思っていなかったようだ。

チームUSAのメンバーとしてクレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーン、そしてサンダーからウォリアーズに移籍したケビン・デュラントと共にリオオリンピックを戦っているジョーダンは次のようにコメント。the Wall Street Journalが伝えている。

「4カ月前、あるヤツらと友達になるなんて全然思ってなかった。あるヤツらを俺の家に招待する方法が前はなかったからね。今は楽しい時間を送ってる。25歳からのヤツと仲間になってる。カーメロ(・アンソニー)は何歳だっけ?40歳?(笑)」

これを機に、コート外で彼らが揉めるということはなくなるだろう。

とはいえ、コート上ではこれまでと変わらない熱いバトルを繰り広げてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA