レブロン・ジェイムスは半年で世界最高のハンドボール選手になれる?

【スポンサーリンク】

ファイナルMVPに輝き、クリーヴランドに念願のタイトルをもたらしたレブロン・ジェイムスは、“史上最高のバスケットボールプレイヤー”ではなく、“史上最高のアスリート”と評されることが多い。

華麗なパフォーマンスでファンを魅了するマイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントとは異なり、フィジカルなプレイでゲームを支配するジェイムス。

“史上最高のアスリート”と評されるジェイムスが仮に他のスポーツに取り組んだ場合、NBAと同じようにトッププレイヤーとして君臨できるのだろうか?

ハンドボールのアメリア代表コーチは、しばらくトレーニングすれば世界最高のハンドボールプレイヤーになれると感じているようだ。コーチのコメントをThe Washington Postが伝えている。

「(トップクラスのハンドボールプレイヤーになるまで)たぶん6カ月かもしれないね。これは仮定だよ。彼はすべてを持ってる。彼のプレイを見ると口がポカンとあくからね」

オリンピック予選で敗れ、リオ行きの切符を手にすることができなかったハンドボールアメリカ代表だが、もしジェイムスはハンドボールのトレーニングを積めばチームの救世主となれるだろうか?

もし半年でアメリカを代表するハンドボールプレイヤーになれるのなら、東京オリンピックではハンドボールアメリカ代表の主力としてプレイしていることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA