ポール・ジョージ オーストラリア代表について「少しダーティー」

【PR】

オーストラリア代表とのリオオリンピック予選で、チームUSAはここ最近で最も苦しい戦いを強いられた。

辛うじて勝利し、グループA単独首位に立ったチームUSAだが、5得点に終わったポール・ジョージはオーストラリア代表のフィジカル、かつダーティーなゲームに苦しんだようだ。ジョージのコメントをFox Sports Australiaが伝えている。

「彼ら(オーストラリア代表)がベストを尽くしてくるってことは分かってた。俺らにとって調整だったんだ。フィジカルプレイで少し手に負えなくなったゲームだった」

「分かってたよ。彼らがダーティープレイの技を持ってるってことをね。俺らは彼らのフィジカルに対抗しなきゃいけなかった。それが我々がやらなきゃいけなかったこと。俺らを気持ち良くプレイするゾーンから出すためには、ゲームを汚すしかないのさ」

NBAでダーティープレイヤーかハッスルプレイヤーかで意見が分かれているマシュー・デラベドバとゲーム中に口論になったジョージには、テクニカルファウルがコールされた。

デラベドバのフィジカルなプレイに苛立ちを感じていたのだろう。

とはいえ、オーストラリア代表のFG成功率50%に対し、チームUSAはFG成功率39%にとどまりながらも勝利した。

この試合を機に、チームUSAには本気のゲームを見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読