ビスマック・ビオンボ ニーラゴンゴ山の頂に立つ

【スポンサーリンク】

センターのビスマック・ビオンボはより活躍の場を求め、このオフにオーランド・マジックへ移籍した。

昨季のプレイオフで開花したビオンボにはマジック再建への期待が寄せられているが、ビオンボは母国コンゴ共和国にあるニーラゴンゴ山を登り、気持ちを新たにしたようだ。

Great experience in the @virunganationalpark , looking at the beautiful Nyiragongo volcano! #DRCongo #GodBless #BigBiz #home #comeandvisit

Bismack Biyomboさん(@bismackbiyombo)が投稿した動画 –

活火山であるニーラゴンゴ山の頂に立ったビオンボは、マグマのような熱い魂でマジックをリーグの頂に導くことができるだろうか。

来季はニコラ・ブーチェビッチのバックアップとしてプレイすると予想されるも、ベンチからの起爆剤としての活躍を期待したい。

昨季のビオンボはトロント・ラプターズでレギュラーシーズン82試合に出場し、平均22.0分のプレイで5.5得点(キャリアハイ)、8.0リバウンド(キャリアハイ)、1.6ブロックショット、FG成功率54.2%、フリースロー成功率62.8%(キャリアハイ)を記録。

プレイオフでは20試合に出場し、平均25.3分のプレイで6.2得点、9.4リバウンド、1.4ブロックショット、FG成功率58.0%、フリースロー成功率59.7%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA