タイロン・ルーHC「ケビン・デュラントの望むことを支持する」

【PR】

リーグトップスコアラーであるケビン・デュラントがゴールデンステイト・ウォリアーズ移籍を決断したことは、昨季王者のクリーヴランド・キャバリアーズに何かしらの影響をもたらすだろうか?

ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンというオールスタートリオにデュラントが加わったことを受け、ブックメーカー大手のウィリアムヒルは来季のチャンピオンのオッズでウォリアーズに1.83倍(キャブスは4.00倍)をつけている。

この移籍により、ウォリアーズとデュラントには批判が集まっているが、キャブスのタイロン・ルーHCはデュラントの決断を支持しているようだ。ルーHCのコメントをOhio.comが伝えている。

「彼(デュラント)がやったことにみんな怒り狂ってるよね。だけど、プレイヤーであり、今はコーチをしてる私から見れば、自由は自由を意味するんだ。望むこと何でもできる。彼はゴールデンステイト行きを決めた。彼の選択さ」

「解雇されたり、トレードされたりした場合、みんなは何も言わないだろうし、怒り狂ったりもしないだろう。何も言わない。だけど、プレイヤーは早くチームを決めたいものなんだ。私はKDが好き。彼が望むことならどんなことでも支持するよ」

デュラント擁するウォリアーズは、来季もキャブスの最大のライバルとなるだろう。

すべてのチームが打倒キャブスを目指すであろう来季は、ルーHCにとって胃が痛い時間となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読