昨季全休のダンテ・エクザム「完全に回復した」

【スポンサーリンク】

2014年のドラフト5位指名でユタ・ジャズに入団したポイントガード、ダンテ・エクザムは、オーストラリア代表のメンバーとしてプレイした昨年夏の親善試合で左膝の前十字靭帯を断裂した。

それにより昨季を全休したエクザムだが、1年のリハビリ期間を終え、来季への準備を進めているようだ。

エクサムは自身の状況について次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「あの怪我から1年経った。長く、厳しい1年だった。だけど、今は完全に回復してるよ」

ルーキーシーズンから先発ポイントガードの座を任されたエクザム。

このオフにベテランポイントガードのジョージ・ヒルがジャズに加わったため、エクザムはバックアップポイントガードとして起用される見込みだ。

なお、エクザムは2014-15シーズン82試合に出場し、平均22.2分のプレイで4.8得点、1.6リバウンド、2.4アシスト、FG成功率34.9%、3P成功率31.4%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA