フレッド・ホイバーグHC ケミストリー早期構築を目指し「映像を何度も見てる」

【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズはこのオフに元MVPのデリック・ローズと元ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのジョアキム・ノア、2度のチャンピオン経験を誇るパウ・ガソルを失った。

代わりにラジョン・ロンドとドウェイン・ウェイドというタイトルホルダーを獲得したが、ロンドとウェイド、そしてジミー・バトラーのケミストリー構築が当面の課題となるだろう。

昨季からブルズのヘッドコーチを務めているフレッド・ホイバーグHCはケミストリーの早期構築を目指し、各プレイヤーの映像を繰り返しチェックしているようだ。ホイバーグHCのコメントをthe Chicago Tribuneが伝えている。

「我々のプレイヤーたちの才能を最大限活かすため、何度も映像を見てる。ドウェインは相手チームにタフなマッチアップをもたらすだおうね。ウィングには彼とジミー、ポイントガードにはラジョンがいるんだ」

ウェイドとロンドについては怪我が気になるところではあるが、ケミストリーが構築されればブルズは台風の目となり得る。

では、クラッチタイムではバトラーとウェイド、どちらがボールを持つことになるのだろうか。

ホイバーグHCによると、マッチアップ次第であり、これから確認作業をしていくという。

昨季は2007-08シーズン以来となるプレイオフ進出を逃したブルズ。

新生ブルズにはプレイオフ復帰、そして1997-98シーズン以来となるNBA制覇の期待がかかっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA